オリジナルTシャツ作成や引き出物、プリザーブドフラワーやトートバッグを探そう

プリザーブドフラワーの通販

お花の寿命は短いため通販では取引を敬遠されがちでしたがプリザーブドフラワーの登場により、通販で購入する人が増えてきています。

プリザーブドフラワーなら手入れをしなくても長期間美しい状態を保つことができるので、プレゼントには最適です。プレゼントだけではなく、インテリアの一部として飾ったり、結婚式などにもプリザーブドフラワーはよく使われています。

■プリザーブドフラワーの歴史
1991年フランスのヴェルモント社が”長寿命の切花製法”として発表しました。そして瞬く間にヨーロッパで人気が定着し一般に広まりました。

日本では2002年には、国産のプリザーブドフラワーも誕生しています。

繊細なプリザーブドフラワーは取り扱いに注意

時には普通の花よりも繊細な場合もあるプリザーブドフラワーは取り扱いに注意して、きれいな状態で飾っておく様にしたいですね。

ゴミなどがプリザーブドフラワーに付着した場合には、無理に直接手で花に触って、除去しようとすると余計に良くない事もあります。花が早く傷んでしまう原因になる可能性もあります。

そこで、ドライヤーの風を少し離れた所から弱めにしてあてたり、柔らかい物でやさしく丁寧に除去してあげるといいそうです。

あまり頻繁にお手入れを行うというよりは、できるだけケースの中に保管しておいて、普段からホコリが付かない様にしてあげる事が大事です。
そうする事でお手入れの頻度を低くする事ができるでしょう。

お店で異なるプリザーブドフラワーのアレンジ

お店によっては、プリザーブドフラワーのアレンジを行う担当の人というのは、それぞれ異なります。ですので、人によって作品の感じというのは異なる場合があります。

お店に飾られている完成したプリザーブドフラワーを参考にしながら、一度いろんなお店の作品を見てみるといいかもしれませんね。

なるべく、自分の好みに近い作品を作ってくれるお店を見つけたいですね。
おおまかな作風が分かる場合もあるでしょう。

オーダーメイドを依頼する場合には、自分のイメージする物をお店の人に伝えて、イメージ通りの物が仕上がる様にしたいですね。

イメージが近い作品の写真などを見せて説明すると分かりやすいでしょう。

ヘアアクセとして利用するプリザーブドフラワー

お部屋の中に飾っておくだけではなくて、髪に飾る事もできるプリザーブドフラワーは活躍する場面も多く、材料に本物の花を使っているので造花などとは違いとてもきれいです。

ウェディングの際に使う物はもちろん、着物や浴衣などの和服にも似合いますね。
成人式の時や夏に浴衣を着る時にも使えそうです。

また、この様に特別なイベントなどがある時ではなくても、小さいプリザーブドフラワーのヘアアクセであれば、日常のいろんな場面で使える事でしょう。
卒業式や入学式などフォーマルな服装にも似合うでしょう。

その日のコーディネートの中に、もっと華やかさを演出したいという時に使うといいでしょう。

スウィーツの様なプリザーブドフラワー

まるでおいしそうなケーキの様に飾られたプリザーブドフラワーは見ている人の心を和ませてくれる事もあります。花瓶に入れて飾られるだけではなく、スウィーツの様にデコレーションする事もできます。

アレンジの幅がとても広いのが特徴だと言えるでしょう。
このように可愛らしいアレンジができるのもプリザーブドフラワーならではですね。

普通の花ではすぐに枯れてしまう事や、水が必要などと言う事から、この様に自由にアレンジするという事は難しい事もあるでしょう。

あまりの可愛さに人目見ただけで欲しい、と思う人は多いのではないでしょうか。
自宅に一つでもあれば、きっと心が癒される事間違いないでしょう。

インターネット通販活用法では、オリジナルTシャツ作成や引き出物、バッグのネット通販などをピックアップして情報をまとめています。当サイトへのお問い合わせはこちらまで。東京・大阪はもちろん全国へ郵送宅配できるネットショッピングをもっと活用しよう!

ページの先頭へ戻る